車買取査定 高ポイントの書類とは?

2014年2月20日 Posted by admin

車買取の高額買取査定をしてもらうためにそろえておいたほうがいい書類があるって知っていましたか?
車買取に必要な書類は車検証と自賠責保険証だけと思っている方、甘いです。

実は高額査定を出すために必要な書類というものがあるんです。
それは何かというと、1つ目が定期点検整備記録簿。これは買取査定をしてもらう車の過去にしてきた整備状況の詳細が記録されている書類になります。

この定期点検記録簿の内容は、定期点検をした箇所の項目があって、その整備をした日付、時間や検査の時の走行距離がどのくらいだったか、
さらには過去のユーザーの情報まで事細かにその車の情報が記載されているんです。
これがあると次に車を購入してもらうときに信用してもらいやすくなるため、高額査定のポイントとなります。

次に取扱説明書です。これは大体の人が使い方がわかると捨ててしまっていものなんですが、基本的に純正のものでも必ず取扱説明書はついているんです。
今までこの車に乗ってきた人には取扱説明書がなくても使い方はわかると思いますが、次に使うユーザーの方は取扱説明書がないと使い方がわからないですよね。

だから高額査定のポイントになるんです。今からでも遅くないので取扱説明書は捨てないで大に保管をお願いします。

車買取査定 時期は関係ある?

2014年1月17日 Posted by admin

車買取の時に高額査定が出やすい時期ってあるんでしょうか?
実をいうとあるんです。それが2月、3月の年度末の時期になります。

これは何故かというと理由は2つあります。
1つ目は車のディーラーの決算時期が3月に集中しているということなんです。
よく2月や3月の年度末が近付いてくると、決算大セールというCMやのぼりをやたらと見かけますよね。これが原因なんです。

どういうことかというと、決算というのはその半年の営業の結果が出るということです。
要するに会社の成績を公開するわけです。この成績を少しでも良くするために、会社は最後の追い込みをかけるわけですね。
それが2月、3月という時期に当たるわけです。
3月に車検が切れるという人が多いのはこの決算セールの威力がいかに凄いかを象徴している言えます。

そして2つ目が自動車税です。
4月になると自動税がかかるため、4月以降に車を購入すると、今まで乗っていた車の自動車税と新しい車の自動車税を払うことになうんです。
なのでこのことも相まって2月、3月は車業界が1年で一番忙しい時期となっています。

それに便乗する形で、車買取査定も高額査定が出やすくなるということになるんですね。
基本的に買取から販売が一連の流れですので、販売台数を伸ばすために高額査定を連発するというわけです。

車買取査定 下取りってなに?

2013年11月12日 Posted by admin

よく耳にする言葉、下取り。
一見同じように車を買いっとってもらう車買取と下取りってどう違うのでしょうか?
それは買取査定してもらい、車を売却するだけなのが車買取。

下取りはそれとは違い、車を売却する店と次に車を購入する店を同じにすることによって、
車を売却した金額をそのまま次に購入する車の購入資金にあてがうようにするというものです。
もちろん車買取とは違い、同じ店で次に乗る車を購入するわけですから、買取の時と違う金額になります。

この金額は買取が業者間のオークションの金額が相場になるのに対して、それぞれの販売会社が設定している下取りの基本価格というものがあって、そこからキズや走行距離など車の状態でマイナス査定を行った金額になります。

さらに次に乗る車を買うわけですから、その車の金額の調整を行って総合的に価格の提示があるという形ですね。
業者としては商談の時の交渉の幅が広がることになるので、買取から購入までを一連のプロセスと考えて商談を有利に進める方向に持っていくんですね。

車買取の査定価格の決まり方

2013年10月31日 Posted by admin

車買取査定価格の決まり方を知っていますか?
このおおよその基準になる金額はどこから来るんだろうって考えたことは皆さんあると思います。
この金額の出所は、業者間でオークションというものがあるんですが、その相場を目安に考えられているものになります。

このオークションでの買取金額の一番高いものの金額を基本の価格として、それに車の状態や車についているオプションなどを総合的に考えて算出されたものが車買取査定の金額ということです。
この時に基準値となる業者のオークションでの相場ですが、実をいうとオークションは全国でおこなわあれていますので、
その地方によって買取の相場は変わってくるものなんです。

ここで出てくるのが大手の買取専門店と地元密着の個人店などとの差です。
どういうことかというと、大手の買取専門店は、ネットワークを利用して全国のオークションの相場の情報を随時収集しているため、
価格が高騰した、下がったなどの情報がすぐ手に入ります。

なので、高値での買取を実現できるというわけです。大手が強い理由がここにあるんですね。

車買取の査定方法 オンライン査定

2013年10月11日 Posted by admin

車買取査定のオンライン査定を使ったことはありますか?
このオンライン査定って最近よく耳にしますよね。
どんな方法かというと、インターネットで自分の買取してほしい車の情報を入力することで、
査定の金額のお知らせがメールなどで届くという方法ですね。

この方法の一番のメリットは24時間365日いつでも車買取の査定ができるということです。
しかも複数の業者に同時に査定をお願いすることができるので、相見積もりをとるのも簡単ですね。

日本人独特の複数の業者さんにお願いするとなんか申し訳ない・・・。
とかそんな気持ちは実際に顔を突き合わせて相手に時間を使わせているから出てくるものであって、
この方法だと顔を突き合わす必要もないですし、相手に時間を使わせている気にもなりませんので、
気軽に複数業者に見積もりを取って比較することができるということです。

中には複数業者に一括査定を依頼できるサイトもありますのでこれを使うとさらに簡単に買取金額の比較ができますね。
今物凄いスピードで伸びている買取査定の方法です

車買取の査定方法 出張査定

2013年10月2日 Posted by admin

出張査定という車買取の査定方法を知っていますか?
この方法は私が思う限りあまり認知されていないのかもしれません。
もしかしたら査定に来てもらうのが申し訳ないとか、出張料金がかかるのかもとかで、無意識に回避している方法かもしれませんが、この方法、実はかなり有効な方法なんですよ。

この方法は出張して車買取査定をしてもらう時間を場所を、買取業者に指定して来てもらって、その場で査定を行ってもらうというやり方なんですが、
この出張査定での最大のメリットは自分から店舗に出向く手間が省けるというところではないんです。

出張査定のメリットは複数の業者に同じ場所、同じ時間を指定して、その場で同時に査定をしてもらうことができるというところにあります。
買取業者によってできるところ、できないところありますのでこの方法をやるときには問い合わせが必要になりますが、
この方法でその場で複数の買取業者に相見積もりを出してもらうことによって、
業者の間で競争になりますので、思いもよらない高値がつくこともあります。

ですので、この方法は買取査定の方法おいて、もっとも買取業者に対して積極的な方法といえます。

車買取の査定方法 店舗査定

2013年9月20日 Posted by admin

車買取をしてもらう方法について触れていきたいと思います。
車買取にはいろいろな方法があるわけですが、今回取り上げるのは最も安心感がある方法です。
実際に車を店舗に持って行って査定してもらうという方法ですね。

これはやはり昔からやられている一般的な車買取の査定方法ですが、その分査定をしてもらう店の雰囲気も見れますし、
担当の店員さんがつきますので、その店員さんと顔を突き合わせて目の前で査定をやっていく分、安心感が最もある方法だと思います。

この査定方法の最大のメリットは安心感ですが、他の店で査定を行ってもらい査定金額の比較をするときに、その店舗まで車を持って行って査定をしてもらわないといけないので、
膨大な手間と労力が比較店舗を増やせば増やすほどかかってしまうということがデメリットですね。

しかし、他のどんな方法よりも信用できる店舗を見つけるならこの方法が一番ともいえます。
労力を惜しまず信用がおける店で買取を行ってもらいたい方はこの方法がオススメですね。

車買取の仕事内容と給料

2013年9月9日 Posted by admin

車買取の仕事内容はどんなものでしょうか?
求人雑誌や求人サイトを見てみると車買取の業界は他の業界に比べてみてもかなり給料がいいですよね。
ざっと見ただけでも月収40万円以上も可能とかモデル年収800万円とかちょっと驚いてしまうような給料が書いてあります。

でもこの給料だとかなり現場はきついんだろうとか、ノルマもあるんじゃないかとか考えてしまいますよね。
実際はどうなんでしょうか?
働いている方に聞いてみました。

やはり固定給は20万円前後というところが多いみたいです。
そこに歩合がついてこの月収になる月もあるみたいですが毎月というわけでもなさそうです。
もちろん成績が良い人はそれに近い給料をもらっているみたいなので、頑張り次第というところは営業と一緒ということでしょう。

仕事自体は1件1件の商談に時間がかかるので、1日4~5件も査定があればいっぱいいっぱいになってしまうみたいですね。
あとは査定の勉強は実際に働く前に考えていたよりも大変という方が多かったです。

やはりこれだけの給料をもらうにはそれなりの努力をしないといけないというわけですね。

車買取業界の今後はどうなる?

2013年8月29日 Posted by admin

車買取業界の今後はどうなるのか?ということで、少し私なりに調べてみました。
これだけ車社会の日本。
今後車買取業界は伸びていくのでしょうか?
それともどうなるのか?

いろいろな意見がありますが、車買取業界の売り上げ自体はどんどん伸びていくのではないかという意見が多かったです。
しかし、業界の力関係はどんどん大手買取店が強くなってきて、個人や地元密着の買取店は厳しい状況になっていくのでは?といわれています。

車の買取で一番力を持っているところはどこかといいますと、ディーラーなんです。
やはりディーラーから車を買った方はディーラーに車を買取してもらう傾向が強く、ディーラーなら安心して次の車も選べるからという意見が多いようです。

次にCMをバンバンうっている大手買取業者です。
近年、このこの業者が伸びていくことで業界の買取価格に変動があったといわれています。
個人や地元の買取業者は、大手に顧客の流出を防ぐために高く買取をせざるをえない状況もあるみたいです。
そうなってくると大手偏重の流れが強まってきます。

この流れは今後加速していくのではといわれていますので、個人店などは厳しい業界になってくるのかもしれません。

車買取の仕事は忙しい?

2013年8月22日 Posted by admin

車買取の仕事は忙しいんでしょうか?お客として中古車屋さんに来店してみると結構ヒマそうだなーとかって思ったりしませんか?
少ない人数でお店をまわしているイメージがありますし。ここのところがどうか、ちょっと調べてみました。

するとやはり平日と週末で波はあるそうなんですが、平均で1日3~4件のお客様と商談をするそうです。
週末ともなればもちろん1日10件とかの商談をする日もあるみたいですが。

これって正直少ないな、というイメージがあったんですが、1件のお客様に対する商談時間が長いんです。
商談時間は車買取と中古車販売を同時にするということが多いらしく、
やはりそうなってくるとお客様1人に対して2時間~3時間は商談でかかってしまうそうで、
そうなってくれば1件2時間の商談だったとしても1日4件こなすには8時間かかるということですよね。

それ以上は残業になってしまうので、やはり車買取店の内情はギリギリで回しているということなんですね。
査定も細かくしないといけないし、お客様の満足のいく提案をするためには時間がかかってしまうものなんですね。