車買取と下取りの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 車買取と下取りの違い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
車買取と下取りの違い車買取査定情報ブログ

車買取は文字通り、
ご自分が所有している、車を買い取ってもらうことで、
車買取を専門とする、業者が最近は非常に増えている。

昔からあるように、ディーラーでも車買取をしてもらえる。

車種が様々、使い方も様々、年式も様々、走行距離も様々で、
いくらで買い取ってもらえるのか、はっきり言って未定といえる。
人気のある車と不人気な車でも違ってくる。

一応相場というものがあって、
年式と走行距離で、大まかな値段をはじき出すことができるが、
査定する担当者や、
業者の力量に任せる要素が多く含まれているのが現状である。

これに対して、車の下取りは、
ディーラーまたは、車販売店で、
新車または、中古車を購入することを、前提にして、
今所有している車を査定してもらい、手放すことによって、
新車購入の足しにしようとするものである。

車買取は複数の業者に見積もりを依頼して、決めることができるが、
下取りは購入する業者に引き取ってもらうことになる。
下取りは最終目的が新車購入であるため、
下取り金額に車買取ほど気を遣わない人が多いようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です